So-net無料ブログ作成

善光寺 御開帳 情報② [その他]

2015-03-10_011728.png



7年に一度の長野・善光寺 御開帳


善光寺の御本尊は「一光三尊(いっこうさんぞん)阿弥陀如来」です

654年以来の秘仏であり、見られないそうです

鎌倉時代に御本尊の御身代わりとして「前立本尊」が造られ

数え年で『七年に一度』の御開帳の時だけ、お姿を拝むことが叶います

中央の阿弥陀如来の右手に結ばれた金糸は五色の糸にかわり、白い善の綱として

本堂前の回向柱に結ばれます。その回向柱に触れることは

前立本尊に触れるのと同じことで、大変有難い事とされてます


【回向柱とは】
卒塔婆の一種で、御開帳期間中に本堂前に立てられる高さ約10mの柱




共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。